河津桜と温泉で知られる河津町は、平安時代、華やかな仏教文化が花開いた土地でもありました。多くの仏像を伝える河津町にあって、最も古く、学術的、美術的に重要な仏像を多数伝えるのが、谷津の南禅寺です。2013年2月20日に、南禅寺横に「伊豆ならんだの里 河津平安仏像展示館」がオープンしました。

南禅寺の本尊・薬師如来坐像は、平安時代前期(9世紀)に遡る仏像で、静岡県内最古の仏像です。この時代の木彫仏像は、神奈川県、東京都、千葉県、埼玉県など周辺都県でもほとんど知られておらず、この地域の歴史を考える上で極めて重要な文化財です。他にも南禅寺には、東海最古の地蔵菩薩立像(10世紀)や、1978年にドイツ・スイス・スウェーデンのヨーロッパ各地での展示会を巡り、現地新聞で絶賛された二天立像(10世紀)を始め、24体の平安仏が伝えられており、まさに仏教美術の宝庫です。 


河津平安の仏像展示館ブログ

河津平安の仏像展示館では季節ごとにイベントを
行っております。こちらのブログでご紹介致します。



入館料

 

入館料

当河津平安の仏像展示館では入館料を頂いております。

  • 大人 300円
  • 小中学生 100円
  • 標章者 200円
  • 幼児無料

開園時間 午前10時~午後4時まで
休館日 水曜日、年末年始(12/29~1/3)※桜まつり期間中無休


アクセス

413-0515 静岡県賀茂郡河津町谷津138番地
電話 0558-34-0115
HP:http://www.nazenji.sakura.ne.jp